代表挨拶

株式会社デジサク 代表取締役CEO

多森 康二

デジタルシフトを支える「人」の重要性

株式会社デジサクは「DIGITAL SHIFT for PEOPLE 〜1人1人が自分らしく生きる "デジタルシフトした未来" を創る〜」を経営ミッションとし、 働く私たち・生活する私たちが幸せになるデジタル活用を支援する人材育成・戦略コンサルティング企業です。 「人とイノベーションの架け橋」となるDX人材の育成を通じて、社会全体で「人のためのデジタルシフト」が実現されることを目指しています。

昨今、AIや5Gなど私たちの日常を大きく変えるデジタル技術が続々と実用フェーズに入り、従来はアナログ前提だったビジネス環境がオンラン完結で効率化されています。 そんな「現実世界とデジタルの融合」によってデータの収集・活用が一段と加速してデジタル上で提供される安価で便利なビジネスが今まで以上に私たちの生活に普及する日常が近いです。

デジサクでは、このような変化を「デジタルシフト」と呼んでいます。

日本が抱える長時間勤務・労働人口の減少など様々な課題を乗り越えつつ、新たな価値を生み出して社会成長していくにはデジタルシフトが不可欠です。 しかし、どれだけデジタル技術が発展してもそれを使うのは私たち「人」です。産業革命など大きな変化の歴史を見ても、人とイノベーションの間には必ず「変化に対する不安な感情」が存在します。

そのため、「人の感情」を無視して変化を起こしても協力が得られず、新しく導入したツールなどが定着しません。 働く私たち・生活する私たちが内面から幸せになってこそのイノベーションだと考える前提が大切です。

その想いから、デジサクは「DIGITAL SHIFT for PEOPLE」をミッションにかかげ、 「人とイノベーションの架け橋」となるデジタル人材の育成を通じて 社会全体で「人のためのデジタルシフト」が実現されることを目指します。

株式会社デジサク
代表取締役CEO 多森 康二